タイトルはあとで考えます

田渕ガー子とかいう人のブログになります

【画像あり】Fカップのシンガーソングライター藤田恵名のライブ写真がヤバすぎるwwwww

まとめサイトのこういうタイトルって5年くらい進化してない気がすんですけどそろそろなんとかなりませんか。

ちなみに弊社の藤田恵名は写真より現場の方がヤバいので現場に足を運ぶといいと思います!

このブログは「シンガーソングラドル」こと藤田恵名のPRのために運用しております

 

いつも隣で弾かせて頂いててなんなんですが、最近の藤田恵名のライブはちょっと格好良い。

去年あたりから色々なものを諦めたような節があって、そのやさぐれ感と、しかしそれを受け入れて血肉とするクレバーさが結果的に格好良さとして滲み出ているというような印象。

f:id:age42195:20170223033743j:plain

藤田くんがいるところは時間が過ぎるほどに機会が失われるっていう理不尽な世界なんだけれど、稀にそういう常識をぶっ飛ばして世の中に出てくる人もいて、なんかコイツはそっち側の人間なんじゃないかと思わせる背骨の強さを感じます。

運ときっかけさえあれば売れると思うんですけどね〜。

 

そんな最近のちょっと格好良い藤田恵名のライブ写真が、style-kさんより弊社に届きましたのでぺたぺた貼っていきたいと思います。

stylek.info

こうすけさんいつも感謝。↑のサイトには他のアーティストさんの写真もたくさんあるので覗いてみるといいと思います!

 

 

■2/15ドルチェ@初台DOORS

本番1週間くらい前にベース小林健二郎が負傷したため3人体制でのライブ。

f:id:age42195:20170223034257j:plain

f:id:age42195:20170223034204j:plain

f:id:age42195:20170223034347j:plain

ドルチェライブでの藤田くんは運動量がすごい。何が君をそうさせているのやら。

f:id:age42195:20170223034628j:plain

f:id:age42195:20170223034742j:plain

f:id:age42195:20170223034932j:plain

f:id:age42195:20170223035024j:plain

ステージ下手にはロイヤル。これにはスタッフさんも苦笑い。

f:id:age42195:20170223035138j:plain

f:id:age42195:20170223035210j:plain

f:id:age42195:20170223035231j:plain

すっかり気取らなくなったドルチェは和気藹々としていて爽やかですね。この日はバンドの危機とかいうとってつけたような理由でドラムのタルトくんも初めてのMC。

f:id:age42195:20170223040547j:plain

f:id:age42195:20170223035648j:plain

f:id:age42195:20170223035708j:plain

f:id:age42195:20170223035822j:plain

本人名義よりドルチェ名義の方がライブ中の表情が豊かな藤田ティラミスくん。

f:id:age42195:20170223040033j:plain

f:id:age42195:20170223040109j:plain

f:id:age42195:20170223040134j:plain

f:id:age42195:20170223040200j:plain

f:id:age42195:20170223040248j:plain

f:id:age42195:20170223040308j:plain

f:id:age42195:20170223040350j:plain

f:id:age42195:20170223035611j:plain

次回ドルチェライブは3/22渋谷GUILTYです。よろしくどうぞ。

 

 

■2/21藤田恵名@渋谷MilkyWay

コラソンウェイVol.12にて5番手での出演。コラソンは毎回フロアがギチギチになるほど集客力のあるイベントで、藤田は初めてバンド形態での出演。

f:id:age42195:20170223041453j:plain

f:id:age42195:20170223041514j:plain

f:id:age42195:20170223041749j:plain

f:id:age42195:20170223041830j:plain

f:id:age42195:20170223041914j:plain

ベースは藤田バンドのスーパーサブ星野李奈はん。急遽の出演にも快く応じてもらってほんと助かっております。

f:id:age42195:20170223042056j:plain

楽しそう。

f:id:age42195:20170223042311j:plain

f:id:age42195:20170223042434j:plain

f:id:age42195:20170223042551j:plain

f:id:age42195:20170223042703j:plain

お客さんが多いライブはやったろうって気になるし、やったろうって音になるもんですね。

f:id:age42195:20170223050711j:plain

f:id:age42195:20170223043449j:plain

f:id:age42195:20170223044616j:plain

f:id:age42195:20170223044305j:plain

f:id:age42195:20170223042235j:plain

ウインクっぽい表情がまるでアイドルのような藤田恵名

f:id:age42195:20170223043631j:plain

すぐ中指立てるでおなじみの藤田恵名

f:id:age42195:20170223043308j:plain

f:id:age42195:20170223043539j:plain

f:id:age42195:20170223043331j:plain

f:id:age42195:20170223043736j:plain

f:id:age42195:20170223044800j:plain

当面のバンドライブは引き続き星野李奈ちゃんにベース弾いてもらいますが、物販ではエナリナとの3ショットチェキも撮れますのでライブにお越しの際はなにとぞ物販コーナーへお立ち寄りください〜。

 

 

■あとあれ

3/4(土)の深夜に渋谷LOFT9さんにて藤田恵名トークイベントを行います。

www.youtube.com

藤田恵名 脱がずに生き抜く方法を模索する夜会 Vol.1
OPEN 24:00 / START 24:30
前売¥3,000 / 当日¥3,500(税込・要1オーダー500円以上)
前売券はe+にて発売中
hhttp://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/58067

 

大阪の方で何度かやらせて頂いているイベントの東京版ということになりますが、オフ会に近いゆるーい雰囲気のイベントです。MC僕ですしね。

メインのトーク(ゲーム)コーナーの他、新作MV初公開、撮影会タイム、私物プレゼントなどもありますので是非お越しください〜。

ライブ予約方法の変更につきまして

平素はお世話になっております。

この度、藤田恵名およびドルチェのライブにおけるチケット取り置き予約の方法が変更になりました。

慣れないと少し戸惑うかもしれませんので、ここで予約方法をご確認頂ければと思います。画面はPCからの操作になってますが、スマートフォンタブレットからでも概ね同じ手順になります。よろしくどうぞ。

 

※チケット取り置きというのは当日までライブのチケット買いに行けないけれども、出演者に予約をいれておくことで前売り料金で入れるよ、というシステムですね

 

 

1.藤田恵名公式サイトへアクセス

藤田恵名公式サイト(http://www.fujitaena.com)へアクセスしてください。

 

2.スケジュールページを開く

TOPページのボタン群から「ライブ/出演情報」をクリックしてください

f:id:age42195:20161215230544p:plain

スケジュールページが開かれます

f:id:age42195:20161215230632p:plain

 

3.予約するイベントをクリック

カレンダーから予約したいイベントをクリックすると詳細がポップアップで表示されるので、タイトルと日程に間違いが無いことを確認して説明欄の「詳細・ご予約はこちら」のリンクをクリックしてください(画像は12月19日のイベントをクリックした場合)

f:id:age42195:20161215231537p:plain

 

4.予約フォームへ記入

イベントごとに下記のようなページが用意されています

f:id:age42195:20161215231711p:plain

お名前とチケット枚数を記入し、間違いがなければ送信ボタンを押下してください

f:id:age42195:20161215232524p:plain

 

5.予約完了

下記のような画面に切り替われば予約完了です

f:id:age42195:20161215232609p:plain

 

 

従来はメールにてご予約を受けつけておりましたが、今後はこちらの方法に切り替えさせて頂ければと思いますので、皆様のご理解とご協力お願いいたします。

デモCD「散華岬」発売しました

12月9日は巣鴨獅子王さんにてドルチェライブでした。

f:id:age42195:20161213130828j:image

 

ドルチェは去年までは年に3〜4回程度の活動しかしておりませんでしたが、今年は2ヵ月に1度のペースでライブをしてまいりました。

来年は少なくとも月イチでライブしていきたいなあと考えていますが、スケジュールの調整もなかなか難しいものですから、思惑通りにならないかもしれませんが努力しますので何卒。

 

近頃は動員も安定してきていますが、いまひとつ突き抜けられない部分もあり、分析とアクションをしっかりしていきたいなと。頼りきるつもりはないのだけれども、せっかく藤田恵名という武器を持っているのだから、もっと大きく活動していきたいなと考えております。

なんかないもんかね。

 

f:id:age42195:20161213131956j:image

ボーカルのティラミスこと藤田恵名

 

f:id:age42195:20161213132004j:image

 ギターのミルフィーユことわたくし田渕ガー子

 

f:id:age42195:20161213132009j:image

ドラムのタルトこと柴田航

 

f:id:age42195:20161213132015j:image

サポートベース小林健二郎氏

 

f:id:age42195:20161213132018j:image

マスコットのロイヤル(かわいい)

 

ファンの皆様のおかげで熱をもったライブが出来ております。いつもご来場ありがとうございます。

 

 

この日はデモCDの発売日でもありました。

「散華岬」というドルチェの代表曲がありまして、以前より音源化して欲しいというお声を頂戴しておりましたので、この度パッケージいたしました。おかげさまで当日用意した分は完売となりました。重ねて御礼申し上げます。

f:id:age42195:20161213132739p:image

 

こちらは藤田恵名通販のわがままショップにてお求め頂けますので、興味ありましたら是非チェックしてみて下さい。覗くだけでもいいから。

fujitaena.shopselect.net

 

YouTubeにもこの曲のライブ動画があがってたりしますので、よかったら観てやって下さいまし。↓は360°ぐるぐる回して見られる やつですね。


ドルチェ「散華岬」360°ライブ映像

 

本作のカップリングに新曲のD.I.S.という曲を収録しております。

藤田恵名の曲を知っている方が聴くといろいろ引っ掛かるような曲にしてあります。藤田恵名らしさを出すためレコーディング時にディレクションをせずに自由に歌ってもらうようにしました。

ところが藤田恵名の中では線引きがあるらしく、結果的にドルチェの歌い方になったのは流石だなと感心した次第。

全体としてボーカリストとしての多面性が見られる作品になっておりますので、散華岬を是非お手にとって頂きたいなと思います。切実に思います。おねがい。

 

 

f:id:age42195:20161213134809j:image

次回ドルチェライブは2017年1月18日、場所は目黒鹿鳴館でございます。

お時間許しましたら是非ともご来場のほどよろしくお願い申し上げます。

ライブと写真

藤田恵名およびドルチェのライブではライブフォトグラファーのKosuke(Style-K)さんに写真を撮って頂く事が多いです。

特にドルチェは弾き語りアーティストさんのようなしっとりしたライブ空間ではなく、目まぐるしい照明で視覚を煽るため撮影の難度が高いようなんですが、まー本当に格好良い写真を撮って下さるのでありがたし。

stylek.info

知り合った頃はプロのカメラマンではなかったはずなんだけど生きてたら何が起こるかわからんね本当に。

 

本当に見たいライブがあるならチケットが取れる限りは行くべきだと思うんですけど、そういったライブがいつも予定のない休日に入っていて、家から30分くらいの場所で行われるとは限らないですね。

じゃあこちらサイドとしては次の機会に都合をつけて来て頂けるように努力をしていきたい所存。ということで昨日6月10日に行われましたドルチェライブの格好良い写真を載せていきたいと思います。

前置き長くてすみませんね。

 

f:id:age42195:20160611154555j:plain

 

昨日のセトリは下記の通り。まあセトリ載せられても聴いたことないしわかんねえよ腹殴るぞとお思いでしょうがそれくらいは書かせてくださいよ。

#1 3PM

#2 WAR I NEED

#3 散華岬

#4 i can (not) feel the end

#5 黒いパルフェ

 

f:id:age42195:20160611154701j:plain

f:id:age42195:20160611154227j:plain

f:id:age42195:20160611154941j:plain

f:id:age42195:20160611154852j:plain

f:id:age42195:20160611155422j:plain

f:id:age42195:20160611160405j:plain

f:id:age42195:20160611162642j:plain

f:id:age42195:20160611155519j:plain

f:id:age42195:20160611155955j:plain

f:id:age42195:20160611160500j:plain

f:id:age42195:20160611160802j:plain

f:id:age42195:20160611160830j:plain

f:id:age42195:20160611161117j:plain

f:id:age42195:20160611161208j:plain

f:id:age42195:20160611161234j:plain

f:id:age42195:20160611162553j:plain

f:id:age42195:20160611162844j:plain

f:id:age42195:20160611162942j:plain

f:id:age42195:20160611160857j:plain

 

どうでしょう格好良いでしょう。昨日は25分という短めの持ち時間でしたが、約300枚もの写真を撮って頂きました。少しでもドルチェのライブを見てみたくなったな〜と思われましたら幸いです(Kosukeさんの手柄だけどな)。

次回ドルチェライブは8月中旬、場所は渋谷を予定しておりますので、お気軽にお越しいただければ嬉しいですー。

 

ドルチェというバンドのこと

このブログは「シンガーソングラドル」こと藤田恵名のPRのために運用しております

 

藤田恵名が別名義でボーカルをつとめる「ドルチェ」というバンドがあるんですけど、

DOLCE(ドルチェ) オフィシャル

活動していく上で、バンドコンセプト等あんまりこういろいろ伝わってないなーという思いがあったりするわけです。

ということで改めてその辺のドルチェ基礎知識を紹介しようと考え、キーボードと言う名の筆を取った次第。ライブも近いしね。

f:id:age42195:20160608045807j:plain

気取ったドルチェさんの勇姿 

 

 バンド名の由来あるいはコンセプト

結成当時(2013年)藤田恵名があまりにポップな曲しか作れなかったため、もう少しボーカリストとしての魅力を掘り下げようということで、ポップでないラウドな曲を演奏するバンドを組むことに。なお当時は完全にネタバンド扱いであった。

たしかサイゼリヤかどこかでの打ち合わせで、メニューに載っているティラミスを見て「フフ、黒い部分も白い部分もあるぜぇ…コポォ」みたいな感じでティラミスという名前でボーカルをすることに決定。

では他のメンバーも洋菓子の名前に、ということになりバンド名もそれにまつわる「ドルチェ」となった。バンド名候補にあった「3時の申し子」という藤田案を活かすため「3」や「D」をキーワードにしてたりします。 

 

メンバー

ボーカル:ティラミス(藤田恵名

f:id:age42195:20160608045851j:plain

ギター:ミルフィーユ(田渕ガー子)

f:id:age42195:20160608045940j:plain

ドラム:タルト(柴田航)

f:id:age42195:20160608050013j:plain

ベース:オルグされた小林健二郎

f:id:age42195:20160608050040j:plain

 

藤田恵名がバンドライブをする際のサポートメンバーがそのままドルチェメンバー。なお前述の「3」に絡めるため、3ピースバンドという体をとっている。そのためベースの小林健二郎はサポート扱い(もともと3人で考えていたことも要因である)。

バンドのwebサイトを作る際に「dolce」というドメインがあまり残っておらず、最も格好良いっぽい「dolce.uk.net」というドメインを取得したため、メンバーはイギリス出身という設定。

f:id:age42195:20160608050247j:plain

愛国心あるっぽさを演出 

 

曲について

全部の曲をわたくし田渕ガー子が作詞作曲編曲しております。

前述の「D」絡みでほとんどの曲をドロップDチューニングで作っているため、リフ重視の速い曲が多いです。あとサビ前のブレイクという大いなるマンネリ。

ややもすればヴィジュアル系やそっちっぽい見た目なので曲は気取りたくないなあ、という思いがあるためわりと風変わりな曲も多いです。

 

マスコット

ドルチェのマスコットとして「ロイヤル」というキャラクターが存在し、ライブではギターアンプに鎮座しておられる。

2015年5月初頭のライブにて「ティラミスが来日時に当時生まれたばかりの英国ロイヤルベビーを誘拐してきた」という設定で登場し、以降ドルチェファンの間に浸透している。はず。

ティラミスを「オカサン」、ミルフィーユを「オトサン」、タルトを「タットオジサン」、小林健二郎を「小林」と呼称するという設定。

バンドの活動資金のためロイヤルのLINEスタンプを作ろうと思っているのでかんたんに作れる方法があれば誰か教えてください。

f:id:age42195:20160608050116j:plain

物販対応中のロイヤルさん

 

なくなった設定

・ティラミスのキャラクター設定は「根暗な美人」であったが、遵守するとライブ時のMCもままならなくなるため、現在は普通に藤田恵名として喋っている。

藤田恵名の後輩妖精という謎の設定があったが、説明が面倒くさいのでやめた。

・ファンの総称を「ドルチェドール」略してDDとしていたが、あまりにも浸透せず誰も言わなくなった。現在総称は「甘党」とされている。

・男性メンバーの衣装は当初黒スーツで、これは「藤田恵名の喪服」という意味があったが、動きづらいわ暑いわで現在はフード付きのカジュアルな格好にしている。

 

後悔していること

・ティラミスの衣装(赤いツノ付きパーカー)を渋谷109で購入し、バンドロゴ等もそれに合わせたため、バンドのイメージカラーが赤白黒となったが、散々いろんなバンドでこすり尽くされた組み合わせであるためもうやめたいマジで。

・バンド名が「ドルチェ」というgoogle検索で約2600万件も引っかかる一般名詞であるため、人々の印象に残らないしエゴサーチがほぼ不可能である。ということでバンド名の変更を検討中です、本当申し訳ない。

f:id:age42195:20160608051132j:plain

悲惨な検索結果

 

 

以上、ドルチェはこういった感じだよ〜、というのが分かって頂ければ幸いです。

今後も曲のサンプルであるとか写真とか載せていければいいなあと思っております。

よろしくご査収のほどお願いいたします。

 

5年後の世界

想像してたかい 5年後の世界

過去から今から どちらでもいいさ

空想してたかい 5年後の世界

愛とか夢とか たかをくくればなんて ダイナメーション

<特撮/5年後の世界> 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/6161MdWAv4L._SL75_.jpg

 

Amazon.co.jp: 特撮 : 5年後の世界 - ミュージック

 

今からちょうど5年前に発売された、大槻ケンヂ率いるバンド「特撮」のアルバム「5年後の世界」表題曲の一節である。

5年前の日本といえばやっぱり震災ということになるかと思うんだけれど、直接的な被災者でなかったぼくでさえ、5年後の日本がどうなっているかなんて想像できなかったなあ、と。

ぼくは地元が岩手県なのもあって被災地と呼ばれる地域には震災後に何度か行っているんだけど、そういう日本の多くの人達が年に1回程度思い出してみるくらいの場所を除いては、あれから5年後の日本が存外平和であることに少し驚く。

 

ぼくなんかはわりと長期的計画性を持ちあわせていないことを自覚しているし、なんなら平均よりだいぶ強めに夢見がちな方だと思うので、5年後どころか来月自分がどうなってんのかもちょっと想像できないところはあるんですけども。

それにしたって約1年前に記事を書きましたが、藤田恵名さんの編曲やらライブサポートやらを未だにやらせて頂けてるとは思ってなかったというのが正直なところではある。

 

そんな藤田恵名さん、7月2日に自身5度目となるバースデーワンマンライブを控えており、ぼくもサポートギターとして参加させて頂くこととなった。思えばこのバースデーワンマンライブも5年前から続けてきたイベントだけども、未だに横でギターを弾かせて頂けるとは良くも悪くも意外ではある。

去年はガールズバンド構成だったためぼくがギタリストとして出演することはなかったが、今年は甲子園に帰ってきた名門校の正捕手のような面持ちでプレイしたい所存であります(2年ぶり4回目)。

そこで、前回の記事から今回のワンマンライブまでに藤田恵名に何があったかというのを裏方目線で記すことで、非表層的な部分のストーリが見えてくるんじゃないかなあ、と思いキーボードという名の筆を取った次第であります。

 

(今さらですが、このブログは「シンガーソングラドル」こと藤田恵名のPRのために運用しておりますぞ)

 

 

田渕の諸事情

前回、つまり1年前の2015年7月に新事務所への所属が決まった際の記事において、事務所に所属するということは「自由」を失い「機会」を得ることだと表現させて頂いた。

これから先、藤田は様々な機会を得て、時には深夜のランキング番組であるとか、時にはタモリの横であるとか、そういった一般的知名度を伴った存在として画面の向こうに映るんだろうかと考えていた。

一方ぼくはそんな藤田くんをがんばれよ、と横目で見送りながらプロ(プロフェッショナル)のサラリーマン(サラリーマン)として昔の生活に戻ろうとしていた。

 

youtubeを見ながら鼻でもほじっていた時だろうか、藤田くんのマネージャーから連絡があった。

藤田恵名の再メジャーデビューにむけて、某有名バンド等の制作をしているプロダクションと組むことになった。そこで田渕さんもアレンジャーとして制作チームに入って欲しい、という内容だった。

そのプロダクションの社長曰く「作品への愛を感じる」ということだった。そういうことならと、ぼくも二つ返事でOKさせて頂いた。

そういうわけで、1年前にグッバイ藤田恵名的な記事を書かせて頂いたその次の月にはもう制作として復帰していたのでありました。皆様が該当の記事を読まれました際に流した涙につきましてはノークレームノーリターンでお願いいたします。

 

藤田恵名個人としては、制作チームが動き出したことがトリガーとなり、とにかく曲を書いた。

制作陣の要望もあり、普遍的な「いい歌」という呪縛を振り払うように尖った歌詞を書いた。この次期にギタースキルについてもある程度の進化を見せ、従来のメロディ先行型からコード先行型の曲作りが出来るようになり表現の幅が広がったように思う。

明らかに今までと違う藤田恵名像が見え始め、媚びることのない良い作品が出来るだろうという予感はあった。

ないものはそれを披露する「機会」だった。事務所の方針でライブ本数は激減し、かといって今までのようにブッキングを受ける「自由」はもうなかった。

 

 

病み藤田

この時期の藤田恵名は見ていられないレベルで明らかに精神に不調をきたしていた。

それまでの藤田はライブの収益で口を糊していたが、レコード会社への持ち込み用音源の制作が急務とされ当面のライブ予定は白紙。生活もままならない状態であった。

横から見ている分には、生活のためにライブがしたいと訴える藤田と、大きい仕事がなかなか取れず焦燥する事務所のチキンレースのようだった。藤田はぼくとの打ち合わせの度に弱音を吐き、このころ一度だけ引退を相談された。それくらい疲弊していた。

誰が悪いわけでもないが、いよいよ事務所との折り合いがつかなくなり、契約解消が視野となった。

 

年末のある日、藤田は事務所からの脱退を決めた。英断だった。

きっと藤田はこれから先も口にすることはないだろうから此処だけの話になると思うが、藤田は某社からの再メジャーデビューの誘いを蹴って、自分のやりたい事をすると決めた。

MISIA絢香のようになりたくて活動してきたという藤田にとって、これは相当の覚悟だったはずだが、この決断が今のふっきれた格好いい藤田恵名を作っているように思う。

 

年が明けフリーでの活動を再開したあたりから、藤田は自分の中のネガティブ要素を隠さなくなった。清廉潔白なタレント像のようなものに嫌気がさしたとも取れるが、とにかく背伸びをしなくなったように思う。

あるライブのMCでは自身がADHDであることを初めて公にした。

あるライブのMCではバンドメンバーのギャラをスロットで稼いだと口にした。

あるライブのMCではツイッターのフォロワーの殆どはエロ目的だと思うと語った。

そしてその言葉達と音と振る舞いが絡み合い、とても脆弱で芯の通った緊張感のあるライブをするようになった。

自身で築いてきたパブリックイメージを裏切るようなスリルを伴った、ステージ上で一番身近なぼくですらヒヤっとするようなワクワクするような、ぶっ壊れた表現力がついてきたように思う。

 

 

EVEN IDOL SONG

藤田恵名は「EVIL IDOL SONG」という映画の主演と主題歌を担当することとなり、今年の4月から撮影が始まった。

撮影の前日くらいにあったライブでは前述のぶっ壊れた藤田恵名の片鱗が見えていて、ファンの方々にも大変好評だった。その良いテンション感で撮影に挑めたことは大きかった。

演技経験が全くなかった藤田だが、撮影期間でメキメキと演技もしくは表現する力が伸びているのが目に見えてわかった。今まで自分が見てきた藤田恵名はもうそこにはおらず、表現者としてのステージがあがる瞬間を何度も見ることになった。

映画は未公開なので内容等には触れないが、このとき作った主題歌の「EVIL IDOL SONG」という曲は主人公、または主人公を演じる藤田恵名の清々しい心情が描かれている。

 

藤田は自分のカテゴリはもうどうでもよいと言った。シンガーソングライターだけではやっていけなかったグラビアアイドルです!と自嘲することもある。

MISIA絢香のようになりたい、紅白に出たいと言って憚らなかった5年前、ぼくは藤田恵名と出会った。そして今の藤田恵名はそのころ想像した5年後の藤田恵名では絶対にない。想像していた10倍はヨゴレかもしれない。

だけど5年間側で見てきたからわかることもあって、いま藤田恵名はぼくの考えもしなかった方向に萌芽しつつあると思っている。その着地点がどこなのかはわからないが、ワクワクする感覚がすごくある。

そして藤田恵名が得体の知れない何かになりかけていたとしても、それでも藤田恵名の歌はエンターテインメントであってアイドルの歌なんだなと思う。ライブでステージ上から見えるお客さんの顔がいつでもそれを教えてくれる。

 

 

そういうわけで

そんなたのしいたのしい藤田恵名ちゃんのワンマンライブが来る7月2日、渋谷WWWにて行われますので是非みなさんお越しいただければなーと思う。

自分の勘は特にアテにはならないけれど、藤田恵名の次の5年に向かって何かが始まるライブになるんじゃねーかなあという予感がしています。わかんない。死人がでるかもしれないですし、それはちょっと何も断言出来ないですけどね。

f:id:age42195:20160606150542j:plain


ぼくも気まぐれでこの記事を書いてるように見せかけて実は何かの伏線だったりするかもしれませんね。

今後とも藤田恵名を応援よろしくお願いいたします。

ジグザグギャラクシー

はてなで書くようなことでもないが、ブログ作るためにナントカIDみたいなものを新しく取るのも面倒なので、開き直って意識高いブロガーが跳梁跋扈するはてなにひとまず腰を据えてみようと思う。

 

f:id:age42195:20150706192940j:image

表題の藤田恵名4thワンマンライブ「ジグザグギャラクシー」が無事終わりました。

ご来場の皆様、メンバースタッフその他、本当ありがとうございました。おつかれさま。

アンコール最期のライブドライブを演奏する前、藤田恵名は「ああ、終わりたくない」と漏らし、会場は小さな笑いに包まれた。

僕は録音ブースにいたのだけど、その言葉を聞いて「ああ、青春が終わるんだな」と思って涙を堪えきれなかった。もういいおっさんだけどね。

これはそんなおっさんの青春のお話。

 

 

回想 はじまり

藤田恵名とは3年半ほど前に出会い、それ以来編曲をメインに携わらせて頂いた。

彼女が路上ライブ用のアンプから出していたMIDI丸出しのカラオケ音源を聴いて、純粋に勿体ないと思った。よく言われることだけど、地声や人柄と大きく乖離した歌声に、とても驚いた。

当時の僕は休日やアフター5にこれと言ってすることもないうんこ製造機だったので、久しぶりに音源を世の中(その当時は本当に小さい世界だったけれど)に出してみたいという思いもあって、藤田恵名1stアルバムを制作することになった。

それは会社勤めの自分には想像以上にしんどい作業で、毎日5時に寝て8時に起きるような生活だったが、しかしやりがいはあった。

やりがいという言い方だとブラック企業感が醸しだされるのであれだが、まあ本当に楽しい苦痛だった。

 

ボロ雑巾みたいに疲弊している自分を見て、藤田恵名が僕の体調等を非常に心配するようになってきたため、ある日口約束をした。

僕には滑走路を作ることしかできないけれども、そこからいつか離陸して自由に空を飛べるようになったら武道館なりドームなりの関係者席に呼んでくれ、そしたら今の生活も報われる、というようなことを言った。

藤田はもちろんですと応えてくれた。泣いていたように記憶している。

ボロ雑巾なりの品質ではあったかと思うが、2012年1月に1stアルバム「いい塩梅」は無事リリースされた。

 

そしてその半年後、2012年7月に2ndアルバムのレコ初ということで、藤田恵名1stワンマンライブのギターとしてステージに上がらせて頂いた。

それがちょうど3年前ということになるが、それ以来ずっと固定のメンバーでライブをしてきた。それはおっさんの青春のはじまりだったのだと思う。

 

 

回想 パートナーとして

前の所属事務所が決まったのは2012年の末だったと思うが、そこは音楽関係のノウハウが全くない事務所だった。

音楽活動には一切関知もしないし支援もしないという、よく言えば「自由」な状況だったため、編曲や物販スタッフ、最終的にはマネージャーとして携わった。

 

最終的にこの事務所は色々あって解散してしまうんだけれど、この事務所に入らなかったら藤田恵名はグラビアという武器を手にしてはいなかっただろうし、結果的には良かったのだろうと思う。というか思わないとやってられないのだが。

 

すべて自分たちの手で作った。曲を作れば見解の相違から衝突し、グッズを作れば予算に悩まされ、そうやって戦いながら商品を作ってきた。時にはお互いを敵視していたのかもしれない。

商品を手にしたお客さんからのレスポンスと、たまに入る小銭が自分たちの救いだったように思うし、事実としてそれがなければ続けることは出来なかった。

 

ライブに出ても動員は頭打ちのように思えた。そういったもどかしさと閉塞感が常につきまとう状況で、彼女は恥じることなくその葛藤を歌にした。

考えてみるとお客さんに良い評価を頂ける曲は、この葛藤を歌っているものが多い気がする。そしてそういう曲は作っている最中に既にその予感があったりするので、やはり不思議なものだとは思う。

 

グラビアタレントとしての知名度があがって、思わぬ副産物が生まれた。

それはあくまで副産物であって、それまでの音楽活動を評価されての結果ではなかったが、ともかく藤田恵名は飛行船に乗ることになった。

そして飛行船は用意された滑走路を走ることなく、その場で浮上してそのままどこかへ消えて行った。

 ユメヒコウセン

ユメヒコウセン


 

回想 離陸まで

飛行船が失墜したことの絶望感が我々を追い詰めるようになって、色々なことが上手く回らなくなってきた。

事務所が消滅しフリーになったことで、出演15分チケット3000円というような地下イベントのオファーが増えた。自分も会社勤めをしながら各所との調整をしなくてはならず、毎日手一杯である。

また、グラビアの活動の方も様々な要因で負荷が高くなり、先々の見通しを立てるのも難しい状況だった。

 

年初くらいに今年のワンマンライブについて調整を始めたのだが、どうしてもメンバーの都合がつかないということが分かり、いっそのことメンバーを全員女性とし、この閉塞感の打開を計ろうと話を進めた。

 

そのメンバーでの初期リハーサルは高校の文化祭かと思うような酷いものだった。

それぞれ忙しい身であるから、本番に近づくにつれビルドアップされるものだとは解っていても、しかし閉塞感に拍車をかけるようなリハだった。

藤田恵名は弱音を隠さず吐くようになり、それを諌めれば今度はこちらに当たるというような状況だった。

自分たちにも何が正解なのか分からない。一体これは何のための活動なのか。

 

そんな折、信頼できる人からの紹介で事務所が決まりそうだ、という報告を受けた。

音楽関係に強い事務所で、これこれこういうマネジメントの計画を立ててくれている、という。

僕は飛行船の件もあったので、話半分で聞いておこう、いい話がすべて実現するとは限らないと思っておこう、と釘をさした。

しかし日が経つにつれ、事務所は具体的に様々な話をとりつけて来てくれた。それは今の手札の中では最も信頼できる選択肢だと感じた。

当然僕に決定権があるわけではないが、ここに決めてしまっていいと思うと話した。そして2015年のワンマンライブ以後、藤田恵名は株式会社ハックルベリーに所属することとなった。

 

 

ジグザグギャラクシー

事務所に入るということは、基本的には「自由」を失って「機会」を得ることだったりする。今後のライブのオファーも曲の制作もバンドメンバーも、基本的に藤田恵名は口を出せない。

つまり事務所所属は僕と藤田の二人三脚が終わることを意味する、ということをお互い理解している。

藤田には今まで苦を共にしてきた僕に対する負い目があったようで、所属することについて躊躇しているように思えた。

 

当然ながら、編曲も知名度のある作家についてもらって、バンドメンバーも良いミュージシャンについてもらって、そうしてメジャーの品質で戦って欲しいと考えている。

そうしたら藤田恵名は売れると思う。

 寂しいという気持ちは大いにある。けれどいつまでも滑走路を走っているだけならいずれその先の海に落ちてしまう。

だからちゃんと操縦してくれる人がついて、飛んでくれた方がよほど嬉しい。そして今度は僕を引っ張りあげてくれ。

というような話をした。3年前に張った伏線が回収された。

 

次に作る曲が、藤田恵名のアレンジャーとして最後の仕事になる。だからアレンジ先行で曲のコンセプトを決めさせてくれ、とお願いした。そして「ジグザグギャラクシー」という曲を作らせて頂いた。

1stワンマンが終わった頃に「藤田恵名がめちゃくちゃ売れても毎年のバースデーワンマンはこのメンバーでしたいねえ」と話したことを僕は覚えていて、まあ歌詞の内容がそういう感じにも解釈できると思う。

バックのメンバーが彦星ということになりますね。

ameblo.jp

 

とは言え今年のワンマンライブはガールズバンドということで、「毎年このメンバーで」は早速叶わぬこととなったんですが、それはまあいい。

件のガールズバンドにおいてバンマスとして関わって行く中で、厳しいと思えるような言葉や課題もあったなとは思いながら、ある日のリハで劇的にバンドが良くなった。

それは個人の弛まぬ努力の成果だったのだけど、そこから急激に結束が強まったように思う。

ガー子さんが先生の学校みたいですねと誰かが言って、確かにそうだな、女子校みたいだなと思った。

と同時に、ワンマンライブでこのバンドも終わるのかという寂しさを感じた。

 

 

結果的に今年の藤田恵名ワンマンライブをステージの外から見られたことは良かったと思う。

例年であればタイムテーブルや同期音源の作成、録音もギターも演出もサプライズも全部自分が進めないといけないので全く余裕がないのだが、今年は本当に良い精神状態で良いステージを見られた。

 

アンコール最期のライブドライブを演奏する前、藤田恵名は「ああ、終わりたくない」と漏らし、会場は小さな笑いに包まれた。

僕は録音ブースにいたのだけど、その言葉を聞いて「ああ、青春が終わるんだな」と思って涙を堪えきれなかった。

 

最後の集合写真の撮影が終わって、ステージ袖で藤田恵名と握手をしながら二人で泣いた。メンバーはきょとんとしていたが、これは僕と藤田恵名にしか解らない涙だったと思う。解られても困る。

そうしておっさんの青春は2015年7月4日、最高のステージと共に終わった。

同時に田渕学級の卒業式は幕を閉じたのであった。

 

 

これから

藤田恵名さん、3年間本当にありがとうございました。

僕みたいな30とっくにすぎてるおっさんが毎日楽しくて苦しい生活を送れたのは、今後の自分にとっての財産となりました。

すげー迷惑もかけたし、迷惑かけられたけど、最後は笑って終わることができてよかったよな。

君が売れることだけを願って僕は普通のサラリーマンに戻ります。

今までおつかれさま。ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドルチェの方は引き続きバンバンライブやって音源作ってホクホクしたいと思うので、今後とも何卒よろしくお願い致します。

http://dolce.uk.net